環境コラム

コラム環境コラム

環境コンサルタント講師の解説による、環境法のポイントをご紹介します。

執筆:環境コンサルタント 安達宏之氏

安達宏之氏
プロフィール
(有)洛思社 代表取締役/環境経営部門チーフディレクター
2002年より現職。主なテーマは「企業向け環境法」「環境経営」。
執筆のほか、企業の法令管理システムやISO14001等の構築、個別調査・コンサルティングなどを行う。 ISO14001主任審査員として、審査業務にも携わる。 各地で企業の環境法担当者向けの環境法セミナー講師を務める。
  • ISO14001改正の
    ポイント
  • ここに注目!
    環境法
  • 環境法 
    こんなときどうする?

2015年7月頃にISO14001の内容が大きく変更される見込みとなっています。
どのように改正されるのか事前に知っておきたい、というリクエストにお応えして、
改正のポイントを数回に分けて解説します。

第1回
ISO14001、初のフルモデルチェンジへ!

※更新日 2014年11月13日

環境法は対象範囲が広く、かつ改正されることが多いため、
「難しい」「理解しきれない」という声をよく聞きます。
そこで、環境法セミナー講師として企業担当者から
大人気の環境コンサルタント【安達宏之氏】に
毎回1テーマずつ、旬な環境法のポイントを解説していただきます。

第29回
工場立地法の準則が改正~進む規制緩和

※更新日 2015年9月15日

第19回
水俣条約の水銀規制、国内措置を検討中!

※更新日 2014年10月16日

第17回
アスベスト規制強化は、条例動向にも注意!

※更新日 2014年8月18日

第14回
改正石綿則の新規制、6月にスタート!

※更新日 2014年5月12日

環境法は対象範囲が広く、かつ改正されることが多いため、
「難しい」「理解しきれない」という声をよく聞きます。
そこで、環境法セミナー講師として企業担当者から大人気の環境コンサルタント 安達宏之氏に、実務を担う企業の環境部門の方々向けに、毎回、環境法の個々の規制事項を取り上げながら、企業がどのように対応すべきかをわかりやすく解説していただきます。

第8回
言葉の「定義」にこだわる

※更新日 2019年10月17日

第7回
条例の規制を見落とさない

※更新日 2019年9月17日

第6回
「変化」と環境法を結びつける

※更新日 2019年5月16日

第5回
「直罰」の条文だけを見ない

※更新日 2019年3月18日

第4回
「判断基準」も義務規定として対応する

※更新日 2019年1月16日

第3回
努力義務規定は、吟味して管理対象とする

※更新日 2018年11月16日

第2回
届出義務には2種類ある

※更新日 2018年10月16日

第1回
法の「事故時の措置」は緊急事態手順とリンクさせる

※更新日 2018年9月14日

PAGE TOP