京都府立木津高等学校 インターンシップ

2月21日22日の二日間、
京都リサイクルセンターの地元、
京都府立木津高等学校より
「2名」がインターンシップに来られました。

【全体スケジュール】
会社概要説明・施設見学
マニフェスト概要説明
マニフェスト返却照合作業
計量及び車両見学、等々・・・

同校からは、3回目となる
インターンシップの受入れですが、
今年はなんとなんと嬉しいことに
「2名」のご指名をいただきました。

実際の仕事としてマニフェスト照合の作業でしたが、
「何百枚もある照合作業だし二日間あるとはいえ
短い限られた時間・・・
すぐには終わらんだろうな」
と思っておりましたが、
現実は逆の意味で裏切ってくれました。
あれよあれよと進む作業、
まさかの仕事の種切れの予感が二日目に漂うほどでした。
二人とも説明の時は真剣の一言であり、
なんとか理解して何かひとつでも吸収しよう
とする姿勢が見られこちらも説明に熱が入り、
ムダ口叩くことなく黙々と仕事をこなす姿勢は
安心して任せられる印象を持ちました。

このように地元貢献並びに
我が社を知ってもらう良い機会となっており、
未来の有能なDINSファミリーを生み出す
可能性を秘めた取組みとなるように
願っております。

DINS堺とGE 環境コミュニケーション大賞優良賞受賞!

2月20日(水)東京の品川プリンスホテルにて、
第22回環境コミュニケーション大賞の表彰式が執り行われました。 

大栄環境グループのDINS堺とGEの両社は、先述の神戸ポートリサイクルと同様
環境経営レポート部門の優良賞を頂きました。

今年度は環境レポート部門にて118社の応募があり29社が表彰されましたが、
その中の1社に選ばれたことは、全従業員が一丸となって取り組んだ結果であり、
そのことが評価されたということは大変光栄なことだと思いました。

ただ、、、大賞を受賞したかった、という悔しい思いはありますが、
今回、賞を受賞した企業の取組み内容や、審査員方の講評を聞き、
まだまだ我々の活動には改善の余地があるなと思じるとともに
ESG投資の拡大やTCFDなど外部の情報も積極的に取り入れ
環境管理活動に反映していく必要性を感じました。

2019年2月25日(月) | その他, DINS堺, GE | Leave a reply

神戸ポートリサイクル 環境コミュニケーション大賞優秀賞を受賞 

2019年2月20日 東京の品川プリンスホテルにて、
環境省主催の環境コミュニケーション大賞 表彰式が執り行われました。 

神戸ポートリサイクルにおいては、日ごろのEA21環境活動が実を結び
環境経営レポート部門で優秀賞を頂けることとなり、
環境管理責任者である社長 寄尾とEA21事務局 橋本が表彰式に出席しました。

表彰式全体では、環境報告書部門で76社、
又環境経営レポート部門では応募総数118社中29社が表彰をされており、
日本全国の多種多岐に渡る企業が一生懸命に環境活動に励んでいるのだという
事実に改めて感動しました。

神戸ポートリサイクルでは、応募回数3回目で優秀賞を受賞できたのは大変光栄であり、
非常に嬉しく思います。
引き続き、環境活動に力を入れ次は大賞を目指してより良いレポート作成が出来る様、
全従業員で努力を重ねてまいります。

摂津清運が取材されました

2月18日(月)午後
関西電気保安協会よりプロのインタビュワーと撮影クルーを含め
総勢8名の方々が、摂津清運に同協会の広報紙(5万部発行)の取材で
来社されました。

摂津清運と大栄環境グループの事業内容等に関しての
質疑応答が主で、一時間弱の取材は無事に終えることが出来ました。
   
この広報紙は、
経済産業省・関西電気保安協会との提携先企業などへ配布されるので、
大栄環境グループの一社員として『ブランド価値の創造』に
少しでも貢献できたかなと思った一日でした。

2019年2月22日(金) | その他, 摂津清運 | Leave a reply

エコキャップ寄付への感謝状

先日、神戸弘陵学園高等学校よりエコキャップの寄付があり、
その感謝を表して2月12日に感謝状の贈呈式を行いました。

贈呈式では、大栄環境Grの事業活動説明や、
エコキャップからワクチンに変わるまでの流れをご説明した後、
弊社常務大田より感謝状と記念品を贈らせていただきました。

記念品には環境公園で作られたラベンダーのポプリをお渡しし、
あわせて環境公園やポプリについての説明もさせて頂きました。
私たちの事業の内容は少し難しかったかもしれませんが
生徒さんたちは真剣に話を聞いてくださいました。

最後に感謝状や記念品と一緒ににっこり記念撮影をして贈呈式は終了しました。

今回、寄付してもらったエコキャップは26.5kgで、
これをワクチンに換算すると約20人分のワクチンになります。

大栄環境Grでも社内活動としてエコキャップを集めています。
前年度は558.5gで約418人分のワクチンに換算されます。
捨ててしまえばゴミ、分ければ資源というように
分けることで救える命もありますので
引き続き収集をしたいと思います。

2019年2月21日(木) | その他, 本部 | Leave a reply