ごあいさつ

『 新たなステージへ』

  • 大栄環境グループ 産業廃棄物のトータルリサイクルシステムを実現
  • 大栄環境株式会社
    代表取締役社長
    金子 文雄
  •  大栄環境株式会社は昨年、創立40周年を迎えました。大阪府和泉市に管理型最終処分場を開設してから40年間、持続そして成長出来ましたのはひとえに、皆さまのご支援のおかげでございます。まずは心から感謝申し上げます。

     私共は、経営ビジョンである『事業の永続性を高め、環境創造企業として進化する』の下、100年企業の基盤づくりを一層強固にするために、2019年度より新たにESG(環境・社会・ガバナンス)施策を揚げ、第8次経営計画を進めています。その1年目となる2019年度は、経営計画の最終年度である2023年の目標に上げている経常利益180億円を上回り、約195億円となる見込みです。
     しかし日本の少子高齢化や人口減少によって、今後、国内の産業は縮小し、それに伴い廃棄物も減少していくことでしょう。そのような情勢が予想される中でも継続して成長していくためには、我々の強みである施設能力を増強し、資本提携や同業・異業種との連携事業を進め、更なる事業領域及び事業エリアへの進出を戦略的に進めていかなければなりません。また、世界的な異常気象を始め、様々な社会課題や環境問題に対して、私たち大栄環境グループにしか出来ない責務を果たし、社会と共に歩んでいくことが非常に重要だと考えています。そのためにも、広範囲に渡っての投資を引き続き継続していきます。

     2020年度の経営方針を『新たなステージへの変革』としました。事業の永続と成長、経営計画の実践は、全て人に掛かっており、あらゆる人材の成長が求められます。そして、大栄環境グループに従事する全役職員が誇りとやりがいを持てる企業グループに成長させる必要があります。人と企業が共に成長するために、従来の運用や組織、そして意識を新たにし、グループ全体の企業価値向上に務め、新たなステージへと歩みを進めて参ります。

     皆さまにおかれましては、引き続き大栄環境グループにご期待頂き、ご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

PAGE TOP